「原発に賛成か反対か」の署名に着手

この日曜日(8月17日)、「原発埼玉県民投票準備会」の臨時総会が
開かれました。
総会では、会の目的について「原発に賛成か反対か」の県民の意思
を明らかにする場としての県民投票を実施することになりました。

反原発の立場から臨時総会に参加しました。
それは「原発に賛成か反対か」の県民の意思を明らかにする場として
の「原発埼玉県民投票準備会」の運動を、舞台として活用する必要が
あるからだ。

現代の住民は潮に流されているクラゲのようなものです、堤防は行政
機関です。
昔、土地と季節に縛られ、それで利害は土地の成り物、地形、気風の
合う人のつながりで平準化していました。
今は、株式会社組織に囲われ、職制に監督された兵士のようなつなが
り、それで株式会社組織の利害になってしまっています。

家族のつながりは価値増殖、その内と外をわけるものは株式会社秩序
をもておわるるごとく。
再稼働は株式会社秩序に組織されている家族の外の話しです。

そこで「原発埼玉県民投票準備会」の運動を舞台として活用するのです。
舞台で上演されるのは「原発に賛成か反対か」の芝居です。

訪問先からでは我々は外です。
個別訪問で共に芝居に向き合うことになります。

その一瞬を捉えて、外のことがらを内側で受け止めるようにすることです。
芝居に向き合うことで、認識をつくりだすことができるのです。

埼玉県は中華鍋の底のような地形です。
そこに核燃料の材料と再処理されたものが通過をしています。

そんな核に対しての住民の利害は地形で共通になっています。
二度と戻ってはこれない。

政党は株式会社組織の秩序で組織され県議会を占めています。
その政党はクラゲのような住民に拘束されていない。

しかし、株式会社組織の利害を、住民の利害に置き換えることができるな
らば、拘束することが可能となるのです。
再稼働を外の話しと思っている「我々」に、我々の視点になるように、芝居
を活用することです。

そうすることで我々は「うねり」にすることができるのです。
うねりにすることができるならば政党も活用できます。
(つづく)

この記事へのコメント

ヴィトン 財布 偽物
2014年08月22日 15:09
ヴィトン 財布 偽物
商品番号:N61734
素材:ダミエキャンバス
仕様:札入れ2 小銭入れ1 ポケット1 カード入れ10
カラー:ダミエ
サイズ:約W19cm x H10cm
付属品:保存袋、コントロールカード、説明書
高品質 安心 最低価格保証
広大な客を歓迎して買います!(*^-^*)
商品の数量は多い、品質はよい、価格は低い、現物写真!
経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
高品質な商品を超格安価格で、安心、迅速、確実。
ヴィトン 財布 偽物品の財布を購入することに来ることを歓迎します
関連コンテンツ:http://www.kpwalletloveonline.com/louis-vuitton.html
関連コンテンツ:http://www.kpwalletloveonline.com

この記事へのトラックバック