出産後、起きる時期を求める

 五月六日は、午前正午過ぎに起床した、寝たのは五日の午後九時
過ぎ、眠くなったのである。

 さて、英国の王子(三十二)の妃(三十三)の出産が話題となっている、
二〇一五年五月二日午前八時三十四分に女の子を出産したとのこと、
二日の曜日は土曜、それで妃がこの世に出てきた曜日を調べたら、
一九八二年一月九日土曜日であった、出産に手が加わらなければ、
彼女がこの世に出た時期が高潮期であった、そして生まれた女の子は
二人目とのこと、最初の子は男の子で、二〇一三年七月二十二日
午後四時二十四分病院で生まれたとのこと、その日は月曜日、
退院を調べたら、早朝に入院し、夕方に退院である、ちなみに最初
の子の時も調べたら、退院は翌日だった。

 出産は母子ともに高潮の時期である、わたしたちの問題は、出産後
のことである、出産を終えると、骨盤が片方ずつ閉ってくる、この時期
は寝ていないとスムーズに経過しない、この片方ずつ閉っている間に
起きると、片方が開いたままストップしてしまう、三月三十日月曜日に
病院で女の子を出産した人の身内に体温計を測定して頂いた、体温
計は二本用意し、左右の体温が揃う時である、出産して十目だったそう
である、日本の病院では、出産したら、本人を坐らせ、赤ちゃんに母乳を
飲ませることを指導しているそうである、坐ると云う行為が骨盤に負担を
かける、このことでその後の骨盤の経過がストップしてしまう。

 むかし妹に相談されたことがあった、その時はもう一回出産をすすめた、
このように、起きる時期を見つけることが大事になる、それで早く起き過ぎ
た時には、後始末がいる。

 日本の絵巻に出産が画かれている、場面は公家の娘の出産を通行人
が見ているのである、ここから推測すると、時間、これがみんなの時間、
出産これは個人の行為ではなく、現代において、みんなの時間に戻す
必要がある、そして出産後の起きる時期の目利きを形成する必要もある、
出産後寝てると、骨盤は二度閉ってくる、この時が起き上がる時期である。

 今、午前三時、お腹の脈は左で力強く打っている、午前二時は、左だった
が弱かった。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック