今年は核時代71年

 ここ70年の人類の課題は核の廃棄と、放射能汚染下で生きていくこ とである。  核兵器を所有している国は、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中 国、インド、パキスタン、イスラエル、朝鮮であるが、ヨーロッパの5カ国、 日本、韓国、オーストラリアなどの国がアメリカの核の傘に入っている、 国と国との関係を国際社会というが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核汚染下で深呼吸して大丈夫?

 「内部被ばくを考える市民連絡会」の7月例会で話させて頂いた。5月 例会の会場で、それは放射能に汚染されているのに深呼吸をしても大 丈夫? という質問を頂き、この質問は生きている人に共通することな ので、話しをした方がよいと、判断したからである。  話しの道筋は、放射能汚染下での深呼吸を受けて、意識をして想い 出したのが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法が表、安保条約が裏の顔

 日本の国家体制は、1947年5月に施行された「日本国憲法」、当時は 占領されていた、次に「日本国との平和条約」である、これは連合国と の戦争を終結させるための平和条約である、1952年4月に効力が発効 した、これによって占領軍が撤退した、それと「日本国とアメリカ合衆国 との間の安全保障条約」、これも同じ日に効力が発効した、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米安保体制により憲法が歪められている

 安保法制違憲訴訟が裁判所で却下された、と云う記事が配信され た。(注) 安全保障関連法制は憲法9条に違反しているなどとして、元三重県職 員の珍道世直さん(77)=津市=が国に無効確認などを求めた訴訟の 判決が21日、津地裁であった。 岡田治裁判長は「原告の主張する権 利侵害は抽象的」などとして、請求を却下した。賠償請…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法に反する協定はないのだろうか?

 敗戦国の日本が独立したのは、1952(昭和27)年4月28日である、 「日本国との平和条約」が効力を発生し、この日までに戦勝国の連合国 が撤退したからである、同時に「日本国とアメリカ合衆国との間の安全 保障条約」(旧日米安保条約)の効力が発生した。  日本国憲法の効力は1947(昭和22)年5月3日に発生したが、独立し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和のうちに生存は人類の共同の利害

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争 を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持し ない。国の交戦権は、これを認めない。  冒頭は憲法第九条の条文である、九条…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九条は戦争条項になったのか

 『9条は戦争条項になった』、衝撃的なタイトルである、著者は小林 よしのりである。  (角川)新書をペラペラとめぐって見たが、書かれていることは日本の 国境をめぐるそれぞれの国とのことで、それをまとめるものがなかった ので刺戟をうけなかったが、安保法案成立後の憲法第九条が、そう (戦争条項)である。 第九条 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民は九条を掲げて大道を行けばいい

 昨年6月、自民党が大宮駅でまく予定のビラには、「二度と戦争を起 こさないこと、そして、日本国民の命と平和な暮らしを守ること、これらは 最も重要な政治の責任です」と、一方野党の共産党の参議院選挙用ビ ラには「アメリカの無法な戦争に自衛隊が参戦することを可能にした安 保法制」と記してある。(注)  自民党は「(平和安全法制で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここに2冊の文庫がある

 ここに2冊の文庫がある、一冊は『日本国憲法 9条に込められた魂』 (鉄筆文庫) 、もう一冊は『幣原喜重郎とその時代 』(PHP文庫)である。 (注)  9条の方は鉄筆文庫が編集し、日本国憲法を作ったと云われる幣原 喜重郎首相への貴重なインタビュー(1951年)が全文収録されており、 その時代の方は岡崎久彦著で幣原喜重郎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おてんとうさんは万人に陽を等しく射す

 参議院選挙で野党4党は「野党共闘」で運動している、これは国民の 願いであった、国政においても、自治においても、野党が共闘するのは 難しかった、今回は安倍内閣のやりかたに対して怒っている人たちが 市民連合を結成し、呼び掛けたからである。  憲法改正前の日本では、天皇(天皇制)が最上位の「おおやけ」だっ た、改正された憲法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘は 国民の願い

 きのう5日、大宮駅西口、共産党の街頭演説会で、宣伝カーの上には 志位と小沢の2人が立っており不思議な光景であった、「野党共闘」で ある。  わたしは共産党の候補者のビラを持ち、生活のビラをまいた、「国民 の願いの 野党共闘が実現しました」と、安倍内閣に抗し必要から始ま った「野党共闘」であるが、万人が生存できるようにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宋の時代の西漸と東漸

 「わたしたちの闘いは労働者階級の利益を代表している」と、わたしは 若い頃、労働組合運動をしている時に、このように喋っていた、新宿区 にある10人未満の新聞販売店での運動、そして層としての臨時工の全 運動を代表してのことだ、自分がやっている職場、あるいは層としての 運動が、いつの時でも、どこの場所でも、どんな場面でも、普遍性(普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーズ、音楽、広告、タイミング、どうすればいい?

 日曜日、大宮駅西口で投票の呼びかけを行なった、「九条の会・さい たま」など3団体で15人ぐらいが午後2時から3時半まで、ハンドマイク で呼びかけたり、ビラをまいたり、署名をいただいたりした。  参議院選挙の最後に日曜日なので、民進党埼玉県選挙区の候補者 と選挙運動員が活動していた、他にも営業用のビラを配たり、歌ってい る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大道、おてんとうさん、公、大同…

 「(運動は)小異を捨てて大同に就く」と誰かが話している、「九条の 会・さいたま」のニュースを会場借りて会員で封筒詰している現場である、 話しの結論は、求心的な人がよく怒るので(運動が)分裂するということ であった、「広辞苑」の意味は「意見の少しぐらいの違いはあっても、 大勢が支持する意見に従う」である。  日本で「おてん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余分なエネルギーは人間を駆り立てる

 「敵が口実をつけて侵略したら」は平野三郎の質問である、「その場 合でもこの精神を貫くべきだ」が幣原喜重郎の答である、このきのう三 十日(みそか)の記事(注)の焦点は「心の葛藤(かっとう)」である、 生は心(こころ)の葛藤があるが、死には心の葛藤がない。  あの広島が、一発の原子爆弾で、焼け野原になった、海田(かいた) の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票用紙は2枚、1枚目は選挙区 2枚目は比例

 昼まえに小雨がやんだ、昼飯を食べて、マルエツにスイカを買いにい った帰り、自宅の電話が鳴った、「生活の党の比例の車を夕方から埼 玉で廻すことになったので、浦和駅西口で街頭演説をしよう」との連絡 であった。  時間は午後5時ということだった、すでに連れ合いは午後2時から知 り合いと大宮駅西口で「選挙に行こうよ」のキャンペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more