29日の東京新聞社説が面白い

 29日の東京新聞社説が面白い、幣原喜重郎、マッカーサー、高柳賢三、 平野三郎、天皇の人間化、マッカーサー3原則、憲法第九条、カント、 不戦条約などが、限られた文字の中に記されている。(注)  社説を書いた人は、天皇制存続との絡みで、戦争放棄、戦力の不保持 を生み出したと、確かにそうだが、天皇は戦争の神だった、幣原は、 そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

都幾川の河川敷では会議をした

 都幾川の河川敷では会議をした、焼き肉をした、そこで若者の遺体が 発見された。(注)  遊び仲間を殺したと新聞に出ていた、大人は性器が完成されている ので、それを使って余剰エネルギーを調整するが、16歳という年頃では、 まだ未成長なので余剰エネルギーを調整するには工夫が必要である。  世阿弥の秘伝書に『風姿花伝』という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習性を個性という

 今の世の特徴は、なんでも平均化してしまうこと、人間も平均化さ れ国民という塊りを構成する単位の個人になっている、ここには人間 の個性などない、みんな同じになっている。  今の世の平均化を観察したカール・マルクスは、喧嘩する時の手 は速いが、文章を書く時の手は遅い、これは体の癖である、赤い色 に反応する、好味は塩辛い物であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮の分割は国際連合である

 24日、朝鮮が朝鮮半島と日本列島の間の海に向けてミサイルを発射 したことで、新聞社などは日本政府の非難を報道している。    報道を観察すると、報道が自国(日本)中心である、22日からアメリカ と韓国は朝鮮との戦争を想定しての軍事演習を韓国内で行っている、 24日のミサイル発射は、この軍事演習に対応したものだ。  新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人を考えるのか、社会を考えるのかで、立場が違う

 ヨーロッパの「people」は「人々」のこと、「public」は「公(こう)」のことで、 「ひとりひとりが集まってひとつの集合体をなす」ことで、そこの集まりに は主体的権利があるのです。  この手法は大切なのですが、ここでの「ひとりひとり」とは、「人々」ある いは「ひとりひとりの集合体」の、構成要素としての平均的な単位のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人は個性を持っている

 中国古典の論理と自然・社会・人間をひとつながりとしての見方、西 洋の人々とその集合体の持っている主体的権利、西洋でいう「弁証法」 について記してきた。  かって中国は「礼」を文明の基準とした、ヨーロッパは「時間」を文明の 基準とした、それぞれ「生命に対する礼」と「クラシック音楽」など使える ものがある。  しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁証法

 敗戦間への大日本の「おおやけ」の最高位は天皇でした、私が通った 小学校には、御真影と教育勅語を納めていた「奉安殿」(ほうあんでん) の址(あと)がありました。  その月山(つきやま)でよく遊びましたが、敗戦前、「奉安殿」を通過す るときには、服装を正して最敬礼をした話はよく大人たちから聞きました。  「奉安殿」での形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類普遍の原理

 わたしたちは普段、「国民」というが、それは西洋での「people」を訳し た言葉である、「人々」という意味である、その人々が集まると「public」 になる、ひとりひとりの人間が集まって集合体をなすことである。  その集(あつまり)が持っているものが、(例えば)戦争するか、しない かを決める主体的権利なのである、そのことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おてんとうさん

 「おてんとうさん」、万物に平等に陽(ひ)を与えてくれる、この言い方は 、「おてんとうさん」と「万物」を並列した状態での外の関係を現わしている。  内の関係もある、「おてんとうさん」が「万物」の体にある状態では、 「万物」の内側に「おてんとうさん」が平等に現れる。  それは、 (健康は)自然に保たれる平衡として。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の心は核より力がある

 広島・長崎への無差別殺戮は、これまで人類を先導してきた「文明」 が、その頂上から転げ落ちた瞬間だ。  これまで人類を先導してきた「文明」とは、「時間」の文明である、そう 時計の時間である、時間を均等にし、貨幣で量ることができるし、就労 中だとか、休憩中だとか、その空間を仕切ることができるし、総じて排除 もできるし、音楽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改憲は「ポツダム宣言」からの逸脱である

 連合軍が「ポツダム宣言」を発表したのが45年7月26日、天皇と大日 本が受託したのが8月14日、そして降伏文書に調印したのが9月2日 である。  「ポツダム宣言」の当事者は、アメリカ、イギリス、中国、ソ連邦(現在 のロシア)である、そして「日本との平和条約」が52年4月に効力が発 生した。  しかし、その時に「ポツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法は「平和憲法」と呼ばれている

 日本国憲法は「平和憲法」と呼ばれる、それは41年8月のイギリス、 アメリカが合意した戦後の国際社会を構想した「大西洋憲章」が反映さ れているからだ。(注)  「戦後」と記したのは、すでに39年9月1日のドイツのポーランドへの侵 略が第二次世界大戦の始まりとされているからだ。  第二次世界大戦は、ドイツ、イタリア、大日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核に憑かれている日米

 日本政府は核廃棄を求める採決で破棄をした、核に憑かれている。 (注)  最初に核に憑かれたのはアメリカである、核を実用化している頃、 「大西洋憲章」が発表された、イギリスとアメリカの合意である。 大西洋憲章(前文略) 1、両国は、領土的たるとその他たるとを問わず、いかなる拡大も求め ない。 2、両国は、関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府は核廃棄の採決には棄権

 アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、イスラエル、インド、パキ スタン、朝鮮、これらは核兵器を所有している国の名前、日本、韓国、 オーストラリア、トルコ、イタリア、ポーランドなどはアメリカの核の傘に 依存している国の名前だ。  国連の「核兵器禁止のための法的措置」の作業部会が開かれ、国 連総会で交渉に取りかかりなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治の基準は住民の生存

 18日、知り合いが「さいたま市議会」に請願を出すとのことで、説明を 受け署名をして印を押した。  政治の基準は住民の生存である、お腹にいる胎児から老人まで生存 が全うできることである、理論的には、生きているわたしたちの集まりに 決定権があるので、議員と市議会という機関を方向付け、市議会に市 役所への仕事の基準を提供させ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存の全う

 生きていることは快い、生きているから呼吸したり、水を飲んだり、食 べたり、排泄したり、寝たり、交わったりする。  万物のあらゆる前提は、生きていることから出発する、生きる要求が あるから生きている、その要求を実現するために動く。  その生存を全うするには、自分の能力と財貨を他者に分けあたい、そ して他者からも自分にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人がない文明

 ネットのニュースで「どもり」の記事が配信された。(注1)  記事は、今年、施行された「障害者差別解消法」の枠の中で書かれて いる。  さて、どもりは体の偏りからの癖で、話しが話題からずれて拡がるとか、 新聞の評論を自分のごとく話すとか、頭を掻くとか、貧乏ゆすりしてしま うとか、むかしのことをきょうのことのように覚えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

礼に始まって礼に終わる

 オリンピックの柔道で、試合後、相手選手との握手を拒んだ選手が、 帰国処分を科されたと。(注1)  柔道の発祥は大日本、試合の規則はしらないが、握手でなく、礼に 始まって礼に終わるので、礼が筋ではないか。  どうして礼なのか、それは礼が「文明」だからである、その「文明」は 中国から始まる、朝鮮、日本、そしてヴェトナムに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和憲法」を日米安保条約が支えている?

 アメリカの副大統領が、共和党の大統領候補への批判の中で、「日 本国憲法はアメリカが書いた」と発言した(注)。  わたしたちは、日本国憲法を「平和憲法」だと、発言することがある、 これは、このように憲法を活かしたいとの、思いからの発言であるが、 現実は「平和憲法」を日米安保条約で庇っている状態がある。  そもそも憲法の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類を集団自殺に追い込むのをやめろ

 安倍総理が米軍に、核兵器の先制不使用宣言に反対の意向を伝え たと、いうニュースが報道された。(注)  広島・長崎の2つの都市に対して核兵器を落とされ、福島では1号機 と3号機の炉心が爆発し、2号機はコントロール不能、4号機は火災に なった、いまなおフタをかぶさないので、放射能が垂れ流しの状態だ。  2つの都市に核を落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閣僚の参拝はポツダム宣言の違反である

 中国外務省は日本の大臣が8月15日に、靖国神社を参拝したことに 対して「断固反対」との批判を発表した。(注)  大日本は天皇の命令で戦争することが「正義」であった、この「正義」 は英語のジャステイスではない、天皇は戦争の神で、おおやけの最高 位であった、この「正義」を他の地域に押し付けるので戦争となる、臣民 側は「正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下界に墜落した神

 12日の記事に対して、多くのアクセスを頂いた。(注1) 東京新聞の記事が、大きな反響を起こしたのだろう、今の国会の議席数 などの影響かも知れないが。(注2)  九条は、その誕生自体が政治的である、幣原喜重郎は昭和天皇から 総理大臣という大命を受けた、その際の仕事が「国体護持」であっただ ろう、枠として「ポツダム宣言」があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存の全うは人類共同の利害

 本を読みにジュンク堂にいった、目当ての本は置いてなかった、 『放射線被曝の争点』(緑風出版)、渡辺悦司/遠藤順子/山田耕作 [著]との広告が東京新聞に出ていて、最近、山田耕作さんの論文を 読んだことがあるからだ。  山田耕作さんは、『物性研究2005年8月号』で基本的人権について、 個々の多様性を認めた上で、夫々が持つ個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞トップは「9条は幣原首相が提案」

 12日の東京新聞1面は『「9条は幣原首相が提案」マッカーサー、 書簡に明記 「押しつけ憲法」否定の新史料』である。(資料)  天皇と大日本帝國は清国の自壊に乗じて中国を新東亜共同体に入れ 」ようとして侵略戦争をし、中華民国がイギリス、オランダ、アメリカを引き いれたとしてこれらの国とも戦争をした、その結果、戦争は負け終結さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人が集団に働きかける

 きのう9日、大宮駅西口のデッキの上では、安保法制の廃止と憲法の 大切さを訴えていた、通行人に対して一人がハンドスピーカーでの語り、 複数の人がビラをまき、そばにのぼりを立てていた。  佐知川原行きのバスの時間があるので10分ほど観察していた、憲法 では「われら」に主権が存すると明記されている、どんな行為を指してい るのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま、海に飛び込もうとしている、人間が

 水曜日に電話を頂いた、8月27日(土)の「内部被ばくを考える市民研 究会」8月例会で話しの内容を文章にして、木曜日締め切りでメールで 送ってほしいとのことで、わたしは現在の被ばくと核兵器との重なりの テーマ―を話す予定だったので、原稿にした。  ここ70年の人類の課題、それは核の廃棄と、放射能汚染下で生きて いくこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大同の生活の先に平和がある

 平和な世の中にしていくには、大同の生活をすることである、その生 活の中で、そのために言葉使い、態度が必要である。  例えば脱原発メールに、他の課題のメールを投稿しないことである、 これは少数者が多数者を圧することであるから、このような態度をとら ないこと。  それと言葉は、思いつきやメモ、自分のやりたいことや相手への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大同につく」とは、誰がすること?

  突然、他のグループのやりとりメールが、脱原発メールに転送されてき た、この人はテーマやグループでのやりとりに関係なくつねに転送する、 読むと、他のグループの或る人の東京都知事選挙への投稿に共感し、 自分の意見を投稿し、こちらのグループに転送したのだ。   或る人は「今回の都知事選、野党統一候補の鳥越俊太郎氏をつべこ べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公、おおやけ、public、公益

 「公共の福祉」についての質問をメールで頂いた、これはわたしたちの 生存に大切なことなので、ブログの記事にしました。  質問の趣旨は、現行憲法の第十三条と自民党改憲草案の違いで、 「個人」が「人」になり、「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」に変わる 政治的意味についてですから、現行憲法と改憲案についての条項を並 べます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たしかに、ここは高原のような気候だった

 31日の日曜日、北本で藻谷浩介の講演を聞いた。(注) 主催は「市 民ネットワーク北本」、雑木林の手入れをしている女性4人が、この雑 木林を活かして「街づくり」ができないだろうかと思いつき、それを市議 会議長に相談したところ、おおいにやりなさいと、この4人の女性の閃 きが講演会の発端だそうである。  講演会のタイトルは『「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8時前にラジオのスイッチを入れたら当確が出ていた

 きのう31日は、都知事選の投開票の日であった、夜8時前にNHKラ ジオを入れたら、これから当選する候補者の名前を報道していた、これ ができるのは出口調査の結果らしい。  さて選挙には候補者と有権者が登場するが、投票は例えば東京都と いう団体、その方向を決めることになる、団体の方向とは何か、どんな 人でも生存が出発点となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more