個人がない文明

 ネットのニュースで「どもり」の記事が配信された。(注1)  記事は、今年、施行された「障害者差別解消法」の枠の中で書かれて いる。  さて、どもりは体の偏りからの癖で、話しが話題からずれて拡がるとか、 新聞の評論を自分のごとく話すとか、頭を掻くとか、貧乏ゆすりしてしま うとか、むかしのことをきょうのことのように覚えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

礼に始まって礼に終わる

 オリンピックの柔道で、試合後、相手選手との握手を拒んだ選手が、 帰国処分を科されたと。(注1)  柔道の発祥は大日本、試合の規則はしらないが、握手でなく、礼に 始まって礼に終わるので、礼が筋ではないか。  どうして礼なのか、それは礼が「文明」だからである、その「文明」は 中国から始まる、朝鮮、日本、そしてヴェトナムに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和憲法」を日米安保条約が支えている?

 アメリカの副大統領が、共和党の大統領候補への批判の中で、「日 本国憲法はアメリカが書いた」と発言した(注)。  わたしたちは、日本国憲法を「平和憲法」だと、発言することがある、 これは、このように憲法を活かしたいとの、思いからの発言であるが、 現実は「平和憲法」を日米安保条約で庇っている状態がある。  そもそも憲法の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類を集団自殺に追い込むのをやめろ

 安倍総理が米軍に、核兵器の先制不使用宣言に反対の意向を伝え たと、いうニュースが報道された。(注)  広島・長崎の2つの都市に対して核兵器を落とされ、福島では1号機 と3号機の炉心が爆発し、2号機はコントロール不能、4号機は火災に なった、いまなおフタをかぶさないので、放射能が垂れ流しの状態だ。  2つの都市に核を落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閣僚の参拝はポツダム宣言の違反である

 中国外務省は日本の大臣が8月15日に、靖国神社を参拝したことに 対して「断固反対」との批判を発表した。(注)  大日本は天皇の命令で戦争することが「正義」であった、この「正義」 は英語のジャステイスではない、天皇は戦争の神で、おおやけの最高 位であった、この「正義」を他の地域に押し付けるので戦争となる、臣民 側は「正しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下界に墜落した神

 12日の記事に対して、多くのアクセスを頂いた。(注1) 東京新聞の記事が、大きな反響を起こしたのだろう、今の国会の議席数 などの影響かも知れないが。(注2)  九条は、その誕生自体が政治的である、幣原喜重郎は昭和天皇から 総理大臣という大命を受けた、その際の仕事が「国体護持」であっただ ろう、枠として「ポツダム宣言」があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存の全うは人類共同の利害

 本を読みにジュンク堂にいった、目当ての本は置いてなかった、 『放射線被曝の争点』(緑風出版)、渡辺悦司/遠藤順子/山田耕作 [著]との広告が東京新聞に出ていて、最近、山田耕作さんの論文を 読んだことがあるからだ。  山田耕作さんは、『物性研究2005年8月号』で基本的人権について、 個々の多様性を認めた上で、夫々が持つ個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more