テーマ:妄信

核に憑かれている日米

 日本政府は核廃棄を求める採決で破棄をした、核に憑かれている。 (注)  最初に核に憑かれたのはアメリカである、核を実用化している頃、 「大西洋憲章」が発表された、イギリスとアメリカの合意である。 大西洋憲章(前文略) 1、両国は、領土的たるとその他たるとを問わず、いかなる拡大も求め ない。 2、両国は、関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府は核廃棄の採決には棄権

 アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、イスラエル、インド、パキ スタン、朝鮮、これらは核兵器を所有している国の名前、日本、韓国、 オーストラリア、トルコ、イタリア、ポーランドなどはアメリカの核の傘に 依存している国の名前だ。  国連の「核兵器禁止のための法的措置」の作業部会が開かれ、国 連総会で交渉に取りかかりなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騒がしくなるのはカラオケが終わって

 公民館で意識によらない体の動きを訓練している、カラオケと時間帯が 重なる時がある、こちらは訓練が終わると平穏になるのだけど、隣はメ ンバーが廊下に出てから騒がしくなるのだ、これを観察した。  体を動かすには二系統あり、大脳経由(錐体系)と、大脳経由ではな い(錐体外路系)系統がある、その外路系を運動として訓練する、これ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現憲法は『公』以上に『個』が尊重される社会に変えるために作られたのか?

 「すべての国民は、個人として尊重される」、これが重要だとの新聞 への投書、非常に共感する、「(現憲法は)『公』以上に『個』が尊重さ れる社会に変えるために作られた」と、そうだといいのだが。(注)  しかし、日本国憲法の文言は一度疑った方がいい、「平和主義」「国 民主権」「基本的人権」など、勢いがある方が主張すると「米国など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実より思い込んだことが真実?

 言葉の遣り取りは大事、暴力、命令、強制、説教、説得ではな い方法で、相手が行動に至るには、どう投げ掛けるか、暴力や 命令で無いとすると、自発的のこと、それには息を合わせる、息 で難しかったら、言葉をつなぐ、これをメールで投稿した(注三) ところ、相手の頭の中が返送されてきた(注二)から、対象者は メール構成している 仲間なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これを伝えたいのに反発されることがあるでしょう?

 メーリングリストでのテーマ以外の投稿者との遣り取りを 公開する。  日常の会話は、顔なじみで、立場も知れている夫婦、子と、近 所の人などで行なっているが、そのポイントは言葉をつなげて、 ひとつのものにしていく、そのさい、聞き手は話し手の話題を受け る、同調が起こって共震する、ところが、話し手が「朕思うに」のよ うに宣命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなは政治、政治と云んだけど

 日本国憲法下の政治は「国民」の枠の中で争われる。  わたしたちの生活の上にそびえているのが、国会や内閣や司法で ある、その周りに日本赤十字やNHKなどの公共機関とガスや電気な どの地方公共機関がある、権力を担当している勢力は、このつながり をつかって、全国各地どこでも短時間で大量の匿名の人を配置できる。  これはこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徹底した個性からの出発が平和な世の中にする

 七月二十六日は「ポツダム宣言」が出された日、大日本帝國は受託 する交渉をしようとしたが、連合国に一蹴りにされ、十三項目全てを無 条件に受託し、天皇の軍隊と国体解体で、宣言が「日本の国のなりた ち」となった。  国体とは天皇を中心とした少数者の親政政治のこと、この国体の解 体は、日本国憲法では「国民主権」と国民の下位に位置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇の軍隊は解体されたんだが、あんた大将なの?

 脱原発・埼玉メール」に下記が投稿された。 川内原発再稼働迫る! 【川内原発再稼働阻止のために「緊急」のお願い】  突然ですがお願いです。福島原発の過酷事故はいまだに終息してい ません。また、現在も12万人の福島の人々は苦難な避難生活を余儀な くされています。しかし、事故の責任を東電、政府、旧保安院、誰もとっ て…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

官僚統制で健康なの?

 連れ合いが図書館に行って来た、図書館にはコミューティーセンター が併用されている、そこでの話なんだけど、風呂もカラオケセットや囲 碁・将棋もあり、近くの老人が利用しているんだ、そこに据え付けられ ている按摩器をめぐってトラブルがあったそうで、老女とお爺さんが云 い争って職員が仲裁に入ったとのこと。  この施設は「わたした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この体、官僚統制に任せてるの?

 世の中を変えるモーメントは二つある、一つは対政府、もう一つは 自分、気分や不都合なことを感じてデモとか集会に参加するのだが、 この時点はまだ官僚統制に任せているんだ。  わたしは若い頃労働組合運動を担ってきた、運動の目的は時間 短縮と賃金のアップ、それと労働者の社会的地位の向上なんだ、 もちろん男女同一労働同一賃金を掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世の中のどこを変えるのか?

 ブログを仲間やメール仲間に読んで頂いた、それで何をどう変えるか のヒントを頂いたので記す。  世の中を変えるには2つのベクトルが必要だ、一つは政府、もう一つは 自分だ、というのは勇ましいことをいっても、それは住居の外の話である、 住居はどうか、なるべく匿名で、他の人と係わらない、でも本当はどっか の国立大学卒業で、株式上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなね、描いている政治を投稿するんだよ

 わたしも参加している「脱原発・埼玉メール」の遣り取りに身を置くと、 日本国憲法の文脈の政治ではなく、それぞれの投稿者が描いている 政治で投稿していることに気がつく、主権者天皇の権力は纂奪され、 国民主権となったが、わたしたちの生活には実感がないので、はぁて、 どこの勢力が国民主権を名乗っているのか、この国民主権だけど、 勇ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル9

 感受性について記す、「脱原発埼玉メール」を立ち上げた、その時に 「約束事」を決めた、ところがメールにはテーマ―以外の安保法制など が投稿される、本来ならば「約束事」を守り、この立場が判っている仲 間における話し合い(討議)を深めて、現象から本質へ掘り下げることが、 わたしたちの日常生活の改善につながり、こうゆう繋がりを軸とした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル8

 相変わらず「脱原発埼玉メール」では、脱原発のテーマ―とは 違う話題の投稿が多い、例えだが、この人たちは英語の授業で 生物の話をするのだろうか、さらに同じ屋根の下の同居人に、結 露を解決する話題に対して、クーラーの話をするのだろうか、考え て行動したり、行動して考えたりするが、自らの「安保法制」への 闘いを「歴史の分岐点」と評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル7

 「脱原発埼玉メール」に生きている人間から出発する投稿があつた ので紹介する。 ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹の中間子理論の発展に貢献した 理論物理学者の武谷三男氏より「(放射線線量(公衆被ばく線量)の)許 容量は、安全を保障する自然科学的概念ではなく、有意義さ(社会的利 益)と有害さを比較して決まる社会科学的な概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル6

 「脱原発埼玉メール」に「内部被ばくを考える市民研究会(代表川根 眞也)」6月例会で「放射性物質排出講座~梅雨、汗のかきかた。トリ チウムを効果的に出す~」(注)を投稿したところ、反応を頂いたので 紹介する。  わたしの立場は、まず人間は生きていることを承認して、梅雨という 時期を使って汗をかき、体に不必要なものを排泄する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル5

 先日「脱原発埼玉メール」に参加者宛てに下記が投稿された。 脱原発ML参加者の皆さんへ  ○○○○○です。 何故、ML活用のた めの「約束事」を無視した投稿が特定の方から投稿されるのでしょうか。 頭が悪いせいなのか理解に苦しみます。原発関連の足音が埼玉の地 でも聞こえます。また、福島第一原発事故の避難者の苦しみも聞こえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法が想定している言論と日常の言論3

 天皇が「ポツダム宣言」を受託し、それが連合国と天皇との契約と なり、主権者天皇は自ら権力を解体していく、その結果、主権が天皇 から纂奪され、「国民主権」の新しい、天地を覆す日本国憲法につな がっていく、ところが憲法草案を討論したのは、古い憲法での衆議院 と貴族院、彼らは武家や公家の子孫、そして新しい憲法での国会に 押しあがっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法が想定している言論と日常の言論2

 「言論弾圧」について、連れ合いが図書館から本を借りて来た、 そこに日本国憲法の原形があった、いうまでもなく、ポツダム宣言 である。  「軍国主義勢力を一掃し、欲望の自由、恐怖からの自由、言論 の自由、圧制からの自由を確立する」とある、ここに「言論の自由」 があり、受託することで連合国と日本国との契約となった。  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル4

 七日から川内原発の燃料棒が原子炉に装てんされだした、政府が 掲げる再稼働の最終手続き場面である、その後、使用前検査が行な われる。  さて、大日本帝國憲法は天皇がポツダム宣言を受託することで、天 皇主権が解体されていった、そして新しい日本国憲法である、主権は 国民にあることになっているが、天皇の権力を纂奪したのは、誰なん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法が想定している言論と日常の言論

 連れ合いから「言論弾圧」についての相談があった、詳細を聞いて見 ると、自民党の国会議員の「沖縄の二紙をつぶさなければならい」の 発言だ。  知っての通り憲法の「言論の自由」とは「形式的平等」のことである、 ここでは具体的な新聞社を含んでいない、ところが自民党の国会議員 は「沖縄の二紙」と具体的に特定した、発言は憲法の言論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル3

 川根眞也さんメールありがとう(注)。 「年間50ミリシーベルトとは、原発労働者の1年間の被ばく線量の最高 限度です。本来は5年間で最高限度100ミリシーベルト(1年あたり20ミ リシーベルト)です。1年の中では50ミリシーベルトが最高限度となって います。この原発労働者と同じ線量(それも外部被ばくだけ)を一般住 民に強制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル2

 生きていくには、外側からの刺戟に対して体がバランスをとる、それ と体の中のバランスをとる、この両面がある、「弛緩と緊張」「分散と集 注」などのことになる、さて「脱原発メール」のことなんだけど、このメール に安全保障やTPP、なんでも投稿する人たちがいる、このような人は 「深いところで、これらの課題は共通している」と主張している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発でのリアル

 連れ合いからの質問があったので記すことにするよ。   「脱原発の中で頑固な自然エネルギー派がいるけど、どうも思う」  質問はねわたしの理解では、「頑固な自然エネルギー派に対して、 どのような態度を取ればいいの」、連れ合いはつまり、脱原発と自然 エネルギーを結びつけない態度なんだ。  自然エネルギーを掲げる個人は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法でのリアル2

 新しい憲法では、天皇は権力を纂奪され国民という存在の下位になっ た、その「国民」とは大日本帝國が敗戦し、かつての領土が分割され、 ポツダム宣言に指定された日本政府の領土に住んでいる住民の全体 のことであるが、この中には廃止された華族の集団もこの中に溶けて いる、そして「個人」とは全体のひとつのことであり、旧華族の生まれも 関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法でのリアル

 古い憲法から新しい憲法に「改正」されて六十八年(千九百四十七年 ~二千十五年)過ぎた、古い憲法と新しい憲法で、何が違うか、古い憲 法は「天皇主権」であった、これが新しい憲法の「国民主権」に変わった、 かつての主権者天皇は国政の事務手続きで登場するだけで、「日本国 民」の下位に位置する「象徴」となった。  天皇が主権を放棄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野蛮な生活?

 わたしは体の波に乗って生活を暮らしている。  どうしてか、わたしと云う意識以前に、生きようとする要求があるからだ、 この要求を果たすのがわたしであるから。  だからそのように生きるには、名誉、損得、権力、勝敗などのわたしは いらない、人によっては百%、百二十%わたしである、このようなわたし で生活を暮らすことは、わた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの自転車に乗る姿勢を観察する

 六月六日付けの『東京新聞』夕刊の記事を紹介する(注)。  あやしい記事が一面を飾るが、あやしいと云うのは、国の広報を そのまま記事にしたからである、ようするに子どもの体に異変が起き ているので、国が対策に乗り出すとのことである。  一言で書くと、腰が立ってない子どものことなんだが、その枠組みは、 国民の範囲、つまり上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育の目的は健康を作り出すことなんですよ

 きのう九日は、大宮で(六時から)飲み会、知り合いが停年後、故郷 で選挙に立った(数人での)慰労会であった、そんなわけでお酒を飲んだ ので、睡眠時間が短く(九時~十二時)なったので、目が覚めて、 (午前〇時ごろ)ブログを記している。  さて、わたしの周りの人を介しての話だけど、健康の話題である、 市民運動や表現活動を行なっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more