テーマ:日本国憲法

人類普遍の原理

 わたしたちは普段、「国民」というが、それは西洋での「people」を訳し た言葉である、「人々」という意味である、その人々が集まると「public」 になる、ひとりひとりの人間が集まって集合体をなすことである。  その集(あつまり)が持っているものが、(例えば)戦争するか、しない かを決める主体的権利なのである、そのことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改憲は「ポツダム宣言」からの逸脱である

 連合軍が「ポツダム宣言」を発表したのが45年7月26日、天皇と大日 本が受託したのが8月14日、そして降伏文書に調印したのが9月2日 である。  「ポツダム宣言」の当事者は、アメリカ、イギリス、中国、ソ連邦(現在 のロシア)である、そして「日本との平和条約」が52年4月に効力が発 生した。  しかし、その時に「ポツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法は「平和憲法」と呼ばれている

 日本国憲法は「平和憲法」と呼ばれる、それは41年8月のイギリス、 アメリカが合意した戦後の国際社会を構想した「大西洋憲章」が反映さ れているからだ。(注)  「戦後」と記したのは、すでに39年9月1日のドイツのポーランドへの侵 略が第二次世界大戦の始まりとされているからだ。  第二次世界大戦は、ドイツ、イタリア、大日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more