テーマ:生活

生存の全うは人類共同の利害

 本を読みにジュンク堂にいった、目当ての本は置いてなかった、 『放射線被曝の争点』(緑風出版)、渡辺悦司/遠藤順子/山田耕作 [著]との広告が東京新聞に出ていて、最近、山田耕作さんの論文を 読んだことがあるからだ。  山田耕作さんは、『物性研究2005年8月号』で基本的人権について、 個々の多様性を認めた上で、夫々が持つ個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人が集団に働きかける

 きのう9日、大宮駅西口のデッキの上では、安保法制の廃止と憲法の 大切さを訴えていた、通行人に対して一人がハンドスピーカーでの語り、 複数の人がビラをまき、そばにのぼりを立てていた。  佐知川原行きのバスの時間があるので10分ほど観察していた、憲法 では「われら」に主権が存すると明記されている、どんな行為を指してい るのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大同の生活の先に平和がある

 平和な世の中にしていくには、大同の生活をすることである、その生 活の中で、そのために言葉使い、態度が必要である。  例えば脱原発メールに、他の課題のメールを投稿しないことである、 これは少数者が多数者を圧することであるから、このような態度をとら ないこと。  それと言葉は、思いつきやメモ、自分のやりたいことや相手への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大同につく」とは、誰がすること?

  突然、他のグループのやりとりメールが、脱原発メールに転送されてき た、この人はテーマやグループでのやりとりに関係なくつねに転送する、 読むと、他のグループの或る人の東京都知事選挙への投稿に共感し、 自分の意見を投稿し、こちらのグループに転送したのだ。   或る人は「今回の都知事選、野党統一候補の鳥越俊太郎氏をつべこ べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たしかに、ここは高原のような気候だった

 31日の日曜日、北本で藻谷浩介の講演を聞いた。(注) 主催は「市 民ネットワーク北本」、雑木林の手入れをしている女性4人が、この雑 木林を活かして「街づくり」ができないだろうかと思いつき、それを市議 会議長に相談したところ、おおいにやりなさいと、この4人の女性の閃 きが講演会の発端だそうである。  講演会のタイトルは『「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8時前にラジオのスイッチを入れたら当確が出ていた

 きのう31日は、都知事選の投開票の日であった、夜8時前にNHKラ ジオを入れたら、これから当選する候補者の名前を報道していた、これ ができるのは出口調査の結果らしい。  さて選挙には候補者と有権者が登場するが、投票は例えば東京都と いう団体、その方向を決めることになる、団体の方向とは何か、どんな 人でも生存が出発点となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核汚染下で深呼吸して大丈夫?

 「内部被ばくを考える市民連絡会」の7月例会で話させて頂いた。5月 例会の会場で、それは放射能に汚染されているのに深呼吸をしても大 丈夫? という質問を頂き、この質問は生きている人に共通することな ので、話しをした方がよいと、判断したからである。  話しの道筋は、放射能汚染下での深呼吸を受けて、意識をして想い 出したのが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おてんとうさんは万人に陽を等しく射す

 参議院選挙で野党4党は「野党共闘」で運動している、これは国民の 願いであった、国政においても、自治においても、野党が共闘するのは 難しかった、今回は安倍内閣のやりかたに対して怒っている人たちが 市民連合を結成し、呼び掛けたからである。  憲法改正前の日本では、天皇(天皇制)が最上位の「おおやけ」だっ た、改正された憲法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘は 国民の願い

 きのう5日、大宮駅西口、共産党の街頭演説会で、宣伝カーの上には 志位と小沢の2人が立っており不思議な光景であった、「野党共闘」で ある。  わたしは共産党の候補者のビラを持ち、生活のビラをまいた、「国民 の願いの 野党共闘が実現しました」と、安倍内閣に抗し必要から始ま った「野党共闘」であるが、万人が生存できるようにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーズ、音楽、広告、タイミング、どうすればいい?

 日曜日、大宮駅西口で投票の呼びかけを行なった、「九条の会・さい たま」など3団体で15人ぐらいが午後2時から3時半まで、ハンドマイク で呼びかけたり、ビラをまいたり、署名をいただいたりした。  参議院選挙の最後に日曜日なので、民進党埼玉県選挙区の候補者 と選挙運動員が活動していた、他にも営業用のビラを配たり、歌ってい る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大道、おてんとうさん、公、大同…

 「(運動は)小異を捨てて大同に就く」と誰かが話している、「九条の 会・さいたま」のニュースを会場借りて会員で封筒詰している現場である、 話しの結論は、求心的な人がよく怒るので(運動が)分裂するということ であった、「広辞苑」の意味は「意見の少しぐらいの違いはあっても、 大勢が支持する意見に従う」である。  日本で「おてん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうすれば万人が生存できるのか

 今回の参議院選挙の特長は、一人区(いちにんく)で、民進、共産、 社民、生活の野党4党が候補者を一人に絞ったことである。この背景に は安保法制を制定した安倍内閣に対する住民の怒りがある。その結果、 立憲主義の回復、安保法制の廃止、脱原発依存などが共通項となり、 与党との違いが鮮明になった。  与党は地球を覆っている核システ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこを見ているのだろうか

 けさ(27日)、マルエツにスイカを買っての帰りのこと、前に若いお母さん らしき女性と、その子どもらしい男の子が歩いていた、お母さんが右側で、 3~4歳の子どもが左側で、子どもは被っていた野球帽を自分の右手で 取ったり、被ったり、位置を変えていたりしていて、歩くのが遅くなっていた、 そういう状態の処にお母さんが「早く歩きなさい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬は毛、鳥は羽毛、人間は裸で

 きょう(27日)、「熱中症に注意しましょう」との呼びかけが防災無線 (さいたま市)であった、そういえば26日の千葉県での「スイカロードレー ス大会」で20~50代の男女7人が熱中症のような症状を訴えて病院に 搬送されたというニュースが流れていた。公民館(さいたま市)では、 熱中症の予防のポスターに「水を飲みましょう」とあった、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の体の働きで保っている状態が大事なんだ

 動いていること、これが生きているということ。  健康とは運動(動き)の調和した状態のことで、この体の働きが調った 状態を整体という、環境の変化に自発的に適応していく、それと体の働き が調っていて、そして体の運動の調和が、自分の体の働きで保っている 状態のことなんだ。  それには体の波、小さな波は、女は28日、男は35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しさや調和を実現する生活を暮らす

 5日(きょうは7日)記事は、『荘子』の「養生主」の庖丁の、牛を解体 する調理人の動き、速度、間合いが、実に美しいという逸話で、19年、 この仕事をやっているが、刃先はこぼれたことがないという、それは骨 や筋ではなく、肉と肉の隙間をねらってバサッと斬るからである、との 話しであった。   「養生主」の「主」は「つかさ」の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「科学」による環境改善で体は萎縮する

 正しさ、調和を実現する自然、この自然は西洋の環境の意味とは違う、 中国古典の環境を生み出す自然のことだ。  10代、中学、高校の時分、まだ「自然」という言葉を知らないので、 確か「法則」という言葉で語っていた、「人間が生きる法則、自然の法則、 社会の法則があるはずだ」と。  街頭でチラシをまく人、宗教を勧誘する人など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しさや調和を実現する自然

 先日、知人が訪ねてきた、30年以上前に、一緒に福島第一サイトで 働いていた仲間だ、わたしはソ連邦のチェルノブイリ事故で仕事を辞めた が、仲間はその業界にもう10年ぐらいいたそうである。  それと先の山田耕作氏の論文、山田氏と重なるものがある、わたしは チェルノブイリ事故で、自分のやっていることを恥じて辞めたのだが、 当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天につかえる体の養生

 きのう木曜日、床から起きると、なんだか体がチグハグである、痛い、 だるい、左手首の脈を採りと二の字の脈、お腹もお臍を真ん中にして 右左に分けると、左から右に流れているので休養の時だと、判断し、 午前中は心も体も弛めてブラッとした。  午後3時頃から、体が熱を帯びて来た、立っていてもフラフラする、 6時半に知り合いが浦和に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学問の目的は健康に生きること

 森 信成(通称もり しんぜい)を引用していた山田耕作氏の『福島原 発事故に対する物理学者の責任を問う』を読んだ、2006年に京都大学 を停年されたのこと、『責任』は15年6月の日付である。  学者ね、武家と公家が解体されたのは明治9年1876年、東京大学が 開校したのが明治10年1877年である、東大は洋学の学校で、雇われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛ばし過ぎだよ

 山荘に一泊して、朝食を食べて、午前10時過ぎに、帰路に就いた、 行きは3人だったが、帰りは同じ大宮の人がいたので、4人であった。  去年まで運転をしていという、同じ大宮の人がナビをしてくれるので、 ナビを使わない、北杜から甲府、三冨温泉、雁坂トンネル、大滝、三峰口、 浦山口、影森、秩父、横瀬、飯能、日高、川越、大宮で午後5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪はもう、厭きた、熱、鼻水しかでない

 ダルマさんをご存じかなぁ、達磨大師はインドの人、中国で禅を広め た人、壁の前に九年間近く坐った人、知っているのはそのぐらいかなぁ、 禅だから胡坐(あぐら)かなぁ、日本だったら正坐だろうね、それで連想 は「病気を経過する」となるんだけど。  連れ合いが25日の水曜日頃から咳だしたんだ、体の波は28日周期 律で、6月4日の土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あざみが こ~んなに大きくなりました

 21日土曜日に「内部被ばくを考える市民研究会」の5月例会が開かれ た。  わたしは、代表の川根慎也さんの主張を、補完する意味で2度発言を しました、一度目は地震の揺れと建物の関係について、2度目は奥秩父 についてです。  動画に記録されているのでご覧ください。 日 時 5月21日(土) 13:30&#12316…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むかしは草木を食べた

 みやま山荘では、一日早く入った人たちが、早朝から、協力して、 声を掛け合いながら、山菜採りを行ないっていた。  わたしたちは陽が落ちるまで、それぞれが山荘に集まってきた、 竈に火を熾し、汁物の準備をした、夕食に出たのは、ご飯、山菜の てんぷら、鹿とイノシシの肉、そして貝、もちろんお酒も入った、その後、 火を熾し、薪でキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに入会権という響を聞いた

 みやま山荘には午後3時前に到着した、車で窮屈になっていたので、 畳で背中を伸ばした、本来なら28日と29日に一泊する予定であったが、 主宰者のYさんが「山菜祭り」をするので、14日と15日に来ないかと誘い を受けたのだが、山荘では春に「山菜祭り」、秋に「きのこ祭り」を行なっ ているというので、14日と15日に予定を変更したのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着いた所はホッサマグマ地層

 到着した地名は金山平、むかしは「金山せんげん」と呼ばれていたと いう、金(きん)を採掘するのに「せんげん」だから沢山の集落があった のだろう、坑道の跡があるという。  道路は山沿いに造られ、谷には沢があり、上流からけっこうの水が 流れている、沢にはいろいろな大きさと形の岩が転がり、水の音と鳥の 声が聞こえる、木の皮が食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車から降りると、首、腕に力が入っていた

 須田のコンビニに車を駐車させ料金所で貰った地図を拡げて、Yさん に携帯で連絡をとった、金山平への目標は増富温泉と分かり、そこを 通り過ぎると金山平山荘があるので、そこから再度、電話をして迎えに 来てもらうことになった。  そんなことでナビに再びセットし出発した、途中に食べる処がないか もしれないとの話しとなり、「松の屋」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

料金所を出ると、そこは代官所だった

 大宮から川島までは18㌔ぐらい、そんなに緊張はしなかったが、 川島からハ王子までは48㌔弱ぐらいで、けっこう緊張した、八王子から 須田までは95㌔強ぐらい、緊張した。  一般道では前が詰まっていたので、そんなにスピードを上げることは なかったが、圏央道では、あの暗いトンネルの中で追い抜かしていった、 中央道では合流点や混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本では「心」を気分とか感情で使う

 川島から中央道に乗るために圏央道経由で八王子インターにやって きた、合流地点は1車線の下りであった、すこし混んだが、中央道に入 れた、加速車線を含めて3車線であった、どんどん加速して、追い越し 車線に出た、すぐ2車線となったが、登り坂はトラックの車線があるの で3車線、登り切ると2車線であった。  運転中はOさん、話しは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋川市が「あきるの市」なっていた

 川島から圏央道でハ王子インター、この間は、2車線でトンネルが多 かった、トンネルの出入りは目を慣らすために、一瞬、目を瞑る、2車線 なので左車線は4頓トラックが多かった、右車線で追い抜かして行く。  暗い印象が強いので地下を走行している感じ、ようやく入間の橋が 明るいので、そこだけが地上の感じであった、走行中はここから飯能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more