テーマ:参議院選挙

おてんとうさんは万人に陽を等しく射す

 参議院選挙で野党4党は「野党共闘」で運動している、これは国民の 願いであった、国政においても、自治においても、野党が共闘するのは 難しかった、今回は安倍内閣のやりかたに対して怒っている人たちが 市民連合を結成し、呼び掛けたからである。  憲法改正前の日本では、天皇(天皇制)が最上位の「おおやけ」だっ た、改正された憲法で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党共闘は 国民の願い

 きのう5日、大宮駅西口、共産党の街頭演説会で、宣伝カーの上には 志位と小沢の2人が立っており不思議な光景であった、「野党共闘」で ある。  わたしは共産党の候補者のビラを持ち、生活のビラをまいた、「国民 の願いの 野党共闘が実現しました」と、安倍内閣に抗し必要から始ま った「野党共闘」であるが、万人が生存できるようにする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーズ、音楽、広告、タイミング、どうすればいい?

 日曜日、大宮駅西口で投票の呼びかけを行なった、「九条の会・さい たま」など3団体で15人ぐらいが午後2時から3時半まで、ハンドマイク で呼びかけたり、ビラをまいたり、署名をいただいたりした。  参議院選挙の最後に日曜日なので、民進党埼玉県選挙区の候補者 と選挙運動員が活動していた、他にも営業用のビラを配たり、歌ってい る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余分なエネルギーは人間を駆り立てる

 「敵が口実をつけて侵略したら」は平野三郎の質問である、「その場 合でもこの精神を貫くべきだ」が幣原喜重郎の答である、このきのう三 十日(みそか)の記事(注)の焦点は「心の葛藤(かっとう)」である、 生は心(こころ)の葛藤があるが、死には心の葛藤がない。  あの広島が、一発の原子爆弾で、焼け野原になった、海田(かいた) の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票用紙は2枚、1枚目は選挙区 2枚目は比例

 昼まえに小雨がやんだ、昼飯を食べて、マルエツにスイカを買いにい った帰り、自宅の電話が鳴った、「生活の党の比例の車を夕方から埼 玉で廻すことになったので、浦和駅西口で街頭演説をしよう」との連絡 であった。  時間は午後5時ということだった、すでに連れ合いは午後2時から知 り合いと大宮駅西口で「選挙に行こうよ」のキャンペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「敵が口実をつけて侵略したら」「その場合でもこの精神を貫くべきだ」

 きのうのブログの記事(注)にコメントを頂いた、文字で書いた「ことば」 は、場所とか時間を隔てた、不特定多数者に届けるのが、文章の出発 点で、基本であるということ、一言で、「伝達」、そういう意味で「ことば」 を読む文章として刻む、つまり、とき放すということです。  きのうのブログの記事の一部をコピーして貼り付けます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望、未来、ひらめきは な~に

 「子どもたちの未来や私たちの安全を無責任な共産党や民進党に託 すのか、日本人の命を守り抜いていく公明党と自民党の連立政権に託 するのかを決める選挙だ。」 これは、きのう(28日)、安倍総理が大宮 駅西口で公明の候補の応援演説をした、応援者への呼びかけだ。  一方、野党の候補者は、「安保法制は日本に対する武力攻撃がない の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうすれば万人が生存できるのか

 今回の参議院選挙の特長は、一人区(いちにんく)で、民進、共産、 社民、生活の野党4党が候補者を一人に絞ったことである。この背景に は安保法制を制定した安倍内閣に対する住民の怒りがある。その結果、 立憲主義の回復、安保法制の廃止、脱原発依存などが共通項となり、 与党との違いが鮮明になった。  与党は地球を覆っている核システ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存のための野党統一

 きのうの(26日)の日曜日、大宮駅西口と東口には複数の候補者が 演説していた、埼玉県選挙区は3人区で、人類自壊の勢力ではなく、 生存の勢力を複数、国会に押し上げたいものだが、その2人に演説を 聞いていると、国内・国外、自国・他国による差異がない、生存を訴えて いない、歯切れが悪い、日本で「おてんとうさま(天道)」の概念が出て …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財貨は他者と分かち合う

 きのう(26日)の連れ合いの話し、「さいたま市から29日に3万円を 振り込むと通知がきたよ」と。安倍内閣が政府を運営している、参議院 選挙の投票は7月10日、振り込みが6月29日とはタイミングがいいでは ないか。「富み」は会社に、世代に偏在している。これを平らにして、誰で も生存できるようにするのが政治、そのような仕事は政府の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類の立場から「積極的平和主義」に反対する

 憲法前文では、日本国憲法の3大原則を、国民主権・基本的人権・ 平和主義と宣言しているが、安倍内閣は安保法制を制定し、これを 「積極的平和主義」と謳い、憲法第九条の戦争放棄、軍備の不保持、 交戦権の否認が、何だかオカシナことになっている。  憲法第九条は幣原喜重郎が生みの親だと云われているが、経過 については『ウィンザー通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その候補者は人類性に立つているのだろうか

 参議院選挙の投票は7月10日、投票は埼玉県選挙区と比例代表選 挙区の2票である、きのうの大宮駅では、すでに大勢の人が集まった 雰囲気が感じられ、埼玉選挙区の候補者が所属している政党が演説し、 選挙用チラシをまいていた。  選挙は、今、政権を担当している勢力、担当していない勢力、そして 投票する国民の3者で構成されている、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票は個人的行為なのだろうか

 きょう22日、参議院選挙が公示された、投票日は7月10日である。  今回の選挙から18と19歳が投票できるようになった、その人数は 約240万人、全有権者が約1億400万人なので、2%にあたる、240万 人は宮城、新潟の両県の人口に匹敵する、その影響力は過去の参議 院比例代表に照らせば、2人を当選させる力になるが、最も人口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうすれば人類性から背むく内閣を引きずりおろせるのか

 『幣原先生から聴取した戦争放棄条項等の生まれた事情について ―平野三郎氏記』の憲法調査会事務局の報告書は一部と二部とで構 成されている。  原子爆弾が究極の兵器の登場となって、鼠(ねずみ)の例えになるが、 野ねずみはその天敵がいないと繁殖が旺と(さか)んになり巨大化し、 いよいよ多くの食べ物の必要が生ずるのか、時に地ばし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争放棄は正義に基づく大道

 以下は、幣原喜重郎首相の枢密院顧問会議で九条改正案の説明文 である。   戦争放棄は正義に基づく大道でありまして、日本はこの大旗を  かかげて国際社会の原野を独り進まんとするのであります。原子  爆弾の発明は、世の主戦論者に反省を促しましたが、今後は更に  幾十倍幾百倍する破壊力ある武器も出現を見るでありましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争反対は人類普遍の原理である

 日本国憲法第九条をご存じでしょうか。   第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を         誠実に希求し、国権の発たる戦争と、武力による         威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する         手段としては、永久にこれを放棄する。       ② 前項の目的を達するため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治の基準は万民の生存と…

 高校の時、教育研修ということで集会にバスで動員される、知らない 間に、国家神道の運動に参加した、場所は広島県体育館、数千か1万 人だろう、もしマスコミで報道されていたら、○○会が1万人動員の見出 しだったかもしれない。  人を集める仕組みがすでにあって、わたしを含めて、なかみはめちゃ めちゃの歴史認識の人ばっかりだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボッと生活を暮らしていると…

 神社に初もうでしたことあります? 神社のほとんどを統括しているの が神社本庁、ですから知らない間に国家神道の運動に参加しているこ とになっているんですよ。  旧い憲法では、わたしたちは「臣民」(しんみん)だったんです、「臣民」 とは国体を信仰している集団のことで、その宗教は国家神道とでも云い ますかね、大日本帝國の宗教は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県と日本国の間で生存の不均等が生じてないであろうか

 先の戦争で最高位の「おおやけ」であった天皇(天皇制)は、国民の 下位の位置である「象徴」になった、この天皇制は「国体」(こくたい) と呼ばれる万世一系と三種神器を継承する国家の統治体制のことで あった。  中国などは皇帝の上に「天」があり、その天は均等・公平・公正の天 であり、国と国の争いは、その「天」で調整するが、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万民の生存は自国・他国の差異がない

 今回の参議院選挙は、衆議院で少数派の民進、共産、社民、生活の 野党4党が32の1人区(いちにんく)で予定候補者を一つにしたことだ。  このとりまとめに役割を果たしたのが、「安保法制の廃止と立憲主義 の回復を求める市民連合」である、これで参議院選挙にむけての4野党 と市民の共闘体制が成立した、そして4野党と市民連合は安倍政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力担当者は万民の生存を考えているのだろうか

 まぁ、身分制と米に基づく政治、経済、軍事の体制が、にっちもさっちも いかなくなった、政治を担当しているのは徳川とその親戚と、藤原の 鎌足から綿々とつづく公家の五摂家の特定グループが占有していたが、 いろいろあって機関の将軍が、同じく機関の天皇に主権をあげてしまった。  そんなやこんなやで「王政復古」が宣言され、新政権によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3万円によって生存できる、できないものが生じないだろうか

 政府の低所得年金受給者に対する、3万円支給、これは住民の生存 の全う、その基準から比べると、公平な政府の使い方でない、公正な行 為ではない、この行為によって、住民の生存が果たせるのか、住民間 に生存できるものと、できないものが生じないであろうか。  衆議院での多数派が内閣を組閣して政府を運営しているが、このよう な公平・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳以上に3万円支給、選挙で投票者が多いのは何歳以上なの

 ラジオから政府が65歳以上で、所得の低い年金受給者を対象に3万 円支給するので、各市町村に問い合わせてくれ、というCMが流れてい る、あぁ、選挙なんだなと、空想をしてしまう、今回の参議院選挙から 18歳が投票できる、この投票と65歳以上とが重なる。  年齢別投票状況は、これまでは20~25歳までを一くくりにして、男と 女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その友人の辞は多し

 28日の土曜日に30年以上の付き合いがある友人が自宅を訪問した。  付き合いが始まったのは、福島第一からだ、1981年以降だ、わたしは 1986年のチェルノブィリで仕事を辞めたが、その頃、友人は東京本社勤 務だった、再び顔を付き合せたのが2000年頃。  わたしの方は仕事を辞めて、与野に住み着いた、たぶんわたしの方か …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more